春の雪と桜

今年はずっと寒い日が続いたせいか、昨年より桜が咲くのも遅かった。

4月に入りそろそろかなぁと、老親を連れて桜を見に山小屋へ行ったところ、突然の雪に見舞われた。

春の雪

夜降り始めたのは知っていたが、朝起きて一面の銀世界になっているのを見て、驚いた。タイヤをスタッドレスのままにしておいて良かった。

これでは桜どころでは無いなぁ、と思いつつ、近所の実相寺へ行ってみると、雪なんてどこにも無くてまたビックリ。

実相寺の神代桜

樹齢2000年ともいわれる神代桜も、2月の大雪で枝が折れたりしたようで、昨年より痛々しい姿になっていた気がする。

神代桜以外の桜はまだ咲きはじめという感じだった。

これだけではさみしいので、身延山久遠寺の枝垂桜も見に行ってみた。

人気スポットらしく、自家用車の乗り入れも規制されていたりしたが、父親が持っている障碍者手帳のおかげで境内の駐車場まで入れた。山の上にあるお寺だが、階段を上らずにすむよう短距離ケーブルカーのようなものまであり、観光地としてインフラが整備されていた。

身延山久遠寺の枝垂桜

桜もお寺の建物も立派でビックリした。


P.S.実相寺の桜は、翌週の12日頃が満開だった。

駐車場の外に路駐の車があふれていたり、地元の演歌歌手?が神代桜の歌を歌っていたりするカオス状態だったが(笑)、桜は綺麗だった。

実相寺の枝垂桜

境内の桜が一斉に満開状態。

実相寺の桜

ご近所に桜の名所があると、楽で良いのだ。

大雪

2/14~15の大雪で、積雪は殆ど無いと言われていた山梨でも大変な事になっていた。情報も交通も遮断され山小屋がどうなっているのかも、行って確かめる事もできなかったが、Facebookの情報等から徐々に現地の様子が分かって来た。

1週間後、ようやく中央高速も開通したので、定住している方の事も山小屋の事も心配だったので出かけた。中央高速はまだ1車線が雪かき中で、渋滞が甲府付近まで続き、いつもの倍以上かかってしまった。

定住している方たちの頑張りで、道路の除雪がかなり進んでいた。チロリン村の中の私道も軽自動車くらいは走れる程度に除雪されていた。

当初の半分くらいまで沈んだ雪

当初の半分くらいまで沈んだ雪

大きなツララ

さすがに家の外も中も冷え切っていたが、ちょっとストーブで暖めた後は、家の中は結構暖かくて快適になった。ログハウスのありがたみを実感。

山小屋の周りは雪まみれで歩くこともできない状態。ベランダの階段もこんな感じで、使えない。

ベランダの階段も雪まみれ

そして、屋根にかなりの雪が乗っているのがちょっと心配になった。早く暖かくなって溶け落ちて欲しい。

屋根にも雪が

下界は大雪なのに、甲斐駒の雪はあまり多くなかった。

雪景色

この大雪が温暖化の影響だとしたら、来年以降も続く可能性があるなぁ。

暖かい今年の節分の日

2/3朝の八ヶ岳

色々と忙しくしていたら、あっという間に1月が終わってしまった。北杜市は月に一回市内でお買い物をすると住民税が安くなるので、毎月通う必要?がある。なので、1/31(金)にギリギリ滑り込み、1月と2月の両方のお買い物実績のノルマを達成。

昨年は大雪に見舞われたので、恐る恐る出かけたのだが、今年は道路の日蔭等にも雪が全く残っていなくて拍子抜け。八ヶ岳や南アルプスも春先のような姿だった。雪が少ないだけでなく、空全体が靄っている感じ。

今回は、庭木の剪定?をしたり、浄化槽の点検掃除に立ち会ったりと忙しかったが、少し体を動かすと汗が出てくる程、暖かかった。

天気予報では、明日から強い寒気がやってくるらしいが、このまま暖かくなって欲しいかも。。。