枝の焼却

2013-01-13 13.28.04

よく晴れた冬の一日、さてとばかりに枝の焼却を決意したダンナさんだったが、これが意外に火がつかない。格闘しているうちに、昼近くとなり、諦めかけているところへ、元きこりのKMさんがひょっこり現れた。
「ようやくエンジンがかかったね」とわれわれの山仕事のできなさぶりに苦笑しながら、「かしてごらん」とライターを受け取ると、あれよあれよという間に強い炎を作りだした。

read more

木の枝葉

N_D8E8244

雨漏り疑惑は埼玉の家に帰り次第、施工業者に連絡をとることにした。
まだまだなれない田舎暮らし。悩んでいる間に体を動かさないと、課題が山積してしまう。

元きこりのKさんからチェンソーの使い方の教えを受け、とにかく試してみたいダンナは、とうとう、我が家の眺望、八ヶ岳の景観を覆う、6メートルほどに育った桜の木の伐採を決行した。
ついでに3本ほど不要な(と思われる)樹木を伐採した。

read more